最近の柔軟剤は匂いではなく臭いになっている

 一昔前の衣服の匂いは清潔感のある無臭が最上で、好みによってほのかに爽やかな香りがするくらいのものでした(時々物凄くキツイ香水の匂いを漂わせる人もいましたが)しかしながら最近は香料の技術が発達した事もあり、強力な匂いをつける柔軟剤が増えてきました。

 臭い(におい)とは (不快なにおいを感じる。いやなにおいがする。「ごみ捨て場が―・くにおう」「息が―・い」)という言葉であり、匂い(におい)とは(そのものから漂ってきて、嗅覚を刺激するもの。「香水の―」)という言葉です。臭いはあまりよくないイメージ、匂いは客観的で悪くないイメージだと思います。

 管理人はとにかく無臭が好きで衣服は無臭が最上だと思っています。少し香りがついているのも嫌いではないのですが無臭の衣服に少しだけ香水をつければいいだけだと思っているのですが、どうやら最近の洗剤業界の流れは衣服に洗濯後から匂いをつける事をいいと思っているのでしょう。

 特にここ数か月暑い日が続いたからでしょうか。通勤途中などで人の汗と柔軟剤の匂い、香水の匂いが混ざって鼻が曲がりそうな悪臭を出している人に何度も遭遇しました。長時間横で一緒に座っていると耐えられない酷さでした。

 管理人の家でも少し前に嫁が新しい柔軟剤を買ってきましたが、甘ったるい鼻にいつまでも残る嫌な臭いだったので1回使って捨てました。もしそのまま使っていたら管理人も人に迷惑をかけていただろうと思っています。もはやこれらの柔軟剤は匂いではなく臭いになっていると思いました。

 そう思って数か月、やはりニュースで柔軟仕上げ剤の臭いで体調不良をうったえる相談が急増していると紹介されました。たかが柔軟剤の匂いと思っている人も多いと思いますが、なかなか文章では表現できませんが本当に耐えられない悪臭なんです。自分自身の臭いはあまり分からないと言われる事も多いですがこのまま外に出ればたくさんの人に迷惑をかけるだろうと一瞬で理解しました。

 主に洗濯をする女性の方がこういった柔軟剤を購入する事が多いと思いますが、サンプルの匂いと洗濯後の匂いは全然違うし、その他の匂いと混ざった時の事も想像して購入して欲しいと思います。もし自分の匂いで他人の体調を悪化させ、最悪訴えられたら敗訴する可能性もありますよ。

(関連記事・サイト)

・柔軟仕上げ剤の臭いで体調不良、相談が急増/呼吸器障害も(THE PAGE)

・柔軟仕上げ剤のにおいに関する情報提供(国民生活センター)